過払い金請求をする
弁護士の口コミ、評判

不動産の債務整理なら任意売却

債務整理といっても、どんな種類の借り入れを整理したいのかによって、適切な整理方法は異なります。住宅ローンの返済が苦しくて毎日の生活を圧迫している人や、住宅ローンをすでに滞納しているなど、不動産の返済で苦しい人にオススメの解決方法の一つに、任意売却という方法があります。この方法は、不動産の債務整理と考えることができ、全国各地の弁護士事務所で対応してもらうことができますが、弁護士事務所の中にも得意分野もあれば不得意分野もあるので、できるだけ任意売却の案件をたくさん取り扱ってきた弁護士を探して依頼するのがおススメです。

任意売却というのは、不動産業者を通してマンションや一戸建てなどの不動産を売却するという解決方法で、近所の人に滞納の事実を知られてしまうことがないというメリットや、市場価格で売却できる可能性が高いというメリットがあります。もしも滞納が続いて資産の差し押さえということになると、債権者の側は資産を競売にかけることになりますが、競売では市場価格の70%程度の価格しかつかないため、大きく損をしてしまいます。また、競売にかけられたということはローンの支払いを滞納していたということですから、近所や周囲にもばれてしまいます。そうなる前にサッと手を打って不動産を売却しようというのが、任意売却なのです。

任意売却では、不動産業者に仲介手数料を支払うことになりますが、一般的には売上代金から差し引いてもらうことになるため、債務者側が実費で負担する費用はありません。また、交渉すれば引越しにかかる費用を30万円程度出してもらうことも可能なので、引越しするための費用がなくて引越せないという心配がなくなります。ただし、こうした交渉は法律の知識がない素人にとっては難しいので、任意売却を考えている人は弁護士事務所に相談するようにしましょう。競売にかけられるよりも迅速に解決できる方法なので、今すぐに借金を何とかしたい人にピッタリの解決方法です。