過払い金請求をする
弁護士の口コミ、評判

過払い金の返還請求とは

過払い金というのは、分かりやすく言えば「借金の返済の際に、払いすぎてしまったお金」のことです。借入に対する返済では、毎月元金の返済に加えて利息を上乗せした金額が返済額となります。利息は利息金利法によって上限が定められていて、借入金額が10万円未満なら利息は20%まで、10万円以上100万円未満なら18%まで、それ以上の借り入れでは15%を上限となっています。しかし、出資法では借入金額に関係なく利息の上限は29.2%までと定められているため、ここに差ができてしまいます。この差はグレーゾーン金利と呼ばれていて、利息を払いすぎている人の多くは、金利設定がこのグレーゾーン金利に入っていることが多くなっています。

過払い金が発生していても、借り入れた債務者側から返還請求をしなければ、返ってくることはありません。そのため、実際には過払い金が発生していても全く気付かずに払い続けている人も多いですし、すでに完済している返済でも多く払い過ぎていたという人はたくさんいます。この利息をしっかり見直すことによって、自分が本当に支払うべき金額や利息がはっきりとなり、現在はもちろん過去に多く支払いすぎていた分に関しては返還してもらうことができるのです。

一般的に、過払い金が発生して返還請求をした場合、返還される分は借入の返済に充てられるため、結果的に借入金額を減らすことができます。また、すでに完済している場合や過払い金が借入金残高よりも多い場合には、現金で返還してもらうことができます。借金の残高はそのままで返還金を丸ごと手元にもらえるというわけではないので注意してください。

過払い金は、消費者金融からの借り入れや、クレジットカードのキャッシングやリボ払いなどを利用したことがある人が多くなっています。もしもすでに完済している過去の借り入れでも、過払い金が発生している場合には時効前なら返還請求することができるので、一度法律事務所に相談してみてください。時効を過ぎてしまった分に関しては請求することはできませんので注意しましょう。