過払い金請求をする
弁護士の口コミ、評判

借金の返済をしないとどうなるの?

借金の返済は、銀行振り込みで行ったり店舗に持参したり、また銀行引き落としで行うなど、金融機関ごとに異なります。口座に残高があると思っていたのに不足していた時や、うっかり返済期限を忘れてしまったという場合には、債権者の側から「早く払ってください」という督促を受けることになります。人間誰でもウッカリミスということはありますから、返済期限の翌日に怖い人が職場にやって来て「早く払え!」なんてことはなく、殆どの場合には万が一のうっかり対策として「払ってもらっていませんけれど」と丁寧な口調で電話や手紙で通知が送られてきます。

そこですぐに返済すれば問題なく、カードローンのように繰り返して使える借り入れも継続して利用できます。しかし、それも無視して返済しなければ、これはいよいよ確信犯ということで督促は厳しくなりますし、頻度が多くなります。自宅に封書が送られて来たり、職場や自宅に電話がかかって来たり、場合によっては自宅に督促の人が訪問することもあるようです。普通の精神状態を持っている人だと、この時点で怖くなるのが一般的で、払える人はすぐに返済するでしょうし、どうしても払えない人は他の消費者金融から借りて自転車操業に陥ってしまったり、それも難しい場合には法律事務所に相談して債務整理の手続きをとることになります。

現在では、返済遅延の取り立てはお金を借りた金融機関が直接行うことは少なく、取り立て業社に回されたり、裁判を起こされて法的に解決することが多くなるようです。ちなみに返済遅延から裁判を起こされるまでにかかる期間は金融機関ごとに異なり、3か月程度という業者もあれば3年以上放置する業者もあるようです。

闇金と呼ばれる業者から借りている場合には、解決方法も法に則らない形で行われるため、夜間に督促の電話がかかって来たり恐怖の取り立てが行われたりすることもまだまだあるようです。もしもうっかりこうした闇金から借りてしまった場合には、返済に問題がなくても万が一のことを考えて法律事務所に相談することをおすすめします。