過払い金請求をする
弁護士の口コミ、評判

自己破産とは

債務整理の中の一つである自己破産は、借入金額が多くて完済までにかなりの期間がかかってしまう場合や、日常生活を圧迫して返済がまったくできない場合などに考慮される解決方法です。法律事務所に借金の相談をすると、借入した人の年齢や年収、生活状態、借入金額や返済状況などを総合的に判断して自己破産を勧められることがあります。その際には、「借金がチャラになる」というメリットだけに気を取られて、その後何年間にも及んで生活の中で苦痛を強いられることをよく考えない人は多いのです。自己破産は必ずしも良い事ばかりではありません。

自己破産をすると、そこから10年間にわたって顧客信用データベースに事故記録が残ってしまいますから、クレジットカードや無担保ローンはもちろん、住宅ローンや自動車ローンのような担保型のローンでも審査には通らなくなってしまいますし、アパートの契約にも保証人を付けなければ借りることができないなど、たくさんの不便な点が出てきてしまいます。自己破産をしても、最低限の生活や通勤に必要な住まいや車などを残してもらうことは可能ですが、不動産や高価と判断される資産や預貯金などは全て没収されて債権者への配当となります。例えば、分譲マンションに住んでいた人なら、マンションは資産となるので没収となるため出ていかなければいけません。しかし、アパートを借りる際には保証人を付けなければ借りられないことが多いため、住む場所に困ってしまう事にもなりかねないのです。安易に自己破産を決めるのではなく、あらゆる解決方法を考えて、それでも自己破産がベストだと判断した上で決めてください。

自己破産の手続きは、法律事務所に依頼する方法がおススメです。法的な書類作成は面倒なものですし、何回も裁判所に足を運ばなければいけないため、仕事にも影響が出てしまいます。また、借金を作った理由がギャンブルや遊び目的などの場合には、自己破産の申請をしても認められない可能性が高い事も知っておきましょう。

債務整理で一番多い任意整理とは

そもそも債務整理とは?

いくつかある借金を整理することをまとめて債務整理と言います。自己破産、個人再生、任意整理、特定調停などがよく耳にする方法ではないでしょうか?それぞれ特徴があり、債務者の置ける状況によって適している方法も違います。

一番多いのが任意整理

任意整理は、収入もあるので借金の返済したいが、現状の返済額をすべて支払うのは難しい人にお薦めな方法で、一番利用されている方法です。個人が行う場合が多く、正社員でなくてもアルバイトや年金受給者のように安定した収入があれば任意整理を行うことができます。債権者一覧と取引状況やカードの請求者、収入の状況があるものを用意し、弁護士にチェックしてもらいます。面談をし、任意整理できると決まれば、ここで問題は解決したといっても過言ではありません。

任意整理を行うことで得られるメリットとデメリット

任意整理は弁護士がすべての手続きを進めてくれます。依頼を受けるとすぐに受任通知を送るので、和解成立までの支払をストップできます。取引状況によっては過払い金が戻ってきたり、将来の利息が免除されて返済への負担が減る事が期待できます。また、自己破産や民事再生とは違い裁判所を利用しませんので、官報には載らず、人に知られることもありません。ただし、ブラックリストに載る為、信用情報が下がり、7年ほどはクレジットカードの発行やローンを組むことが難しくなります。

問題が解決した後の生活

任意整理をしたとしても、職業や日常生活への影響はほとんどありません。金融会社から催促の電話や返済に頭を悩ますこともなく、立てられた返済計画に沿って返済していくだけですので、精神的にも経済的にも楽になるのではないでしょうか?ここで大切なのが、生活を見直し、同じ過ちを繰り返さない誓いを立てることです。誰にも知られないで行える任意整理ですが、可能であれば家族に話し、将来の経済プランを立て直す機会を設けることをお勧めします。債務整理と聞くと暗いイメージを持つでしょう。ですが、早く債務整理を始めることで再出発をする機会を早く得られます。一人で悩まずに早めに弁護士に相談しましょう。

詳細はこちらへ>>多重債務を整理する