過払い金請求をする
弁護士の口コミ、評判

過払い金請求では事務所選びが大切

多く払い過ぎた利息分を返還してもらうための請求をするのが過払い金返還請求です。全ての借り入れには利息がかかっていて、利息制限法で指定されている利息よりも高ければ、それは過払い金が発生している可能性が高いため、法律事務所に相談することで返還してもらえるかもしれません。過払い金の変換では、どの法律事務所に相談しても返ってくる金額には大きな差はないと考えている人が多いのですが、実はこれは大きな間違いで、どの事務所に相談するかによって返還される金額には大きな差があります。過払い金の請求に関してあまり得意ではない事務所に依頼してしまうと、本当ならもっと返還されても良いはずの所を少額しか取り返せなかったり、また解決までにかかる期間が長くなってしまうこともあります。

また、過払い金の返還請求で気を付けなければいけないことは、過払い金の返還請求は何回も行うことができるというわけではなく、いくら返還されたかに関わらず1回の借り入れで1度しか行うことはできません。そのため、返還請求の依頼をした法律事務所の対応が遅くてなかなか解決できず、イライラするからと言って他の事務所に重ねて依頼することはできませんし、少額しか戻ってこなくて不満だからと別の事務所に依頼することはできないのです。返還請求は一度きりですから、どの法律事務所に依頼するかはしっかり考えた上で決めましょう。

過払い金の返還請求をすると、法律事務所は債権者と直接交渉を行い、利息面や今後の利息に付いて話し合いを行うことになります。交渉能力がなければ債権者に上手く言いくるめられてしまったり、強気で押されたりして、お金を借りている側にとっては不利な条件で解決することになってしまいます。それでいて法律事務所に依頼にかかる費用を支払うのでは、債務者にとってはあまり大きなメリットはありません。できるだけ、経験豊富でたくさんの実績を持つ法律事務所に依頼したほうが安心です。

債務整理を検討し始めるべきタイミングとは

債務整理の検討を始めるべきタイミングを具体的に知ろう

債務整理について検討し始めるのは早期の方が良い、そんなアドバイスを耳にしたことがある方は少なくないでしょう。ですが、具体的に早期とはいつのタイミングのことを指すのかについては、実はよく分かっていないという方も多いのではないでしょうか。そこが分かっていないと、気づかぬうちに早期のタイミングを逃してしまっていたなんてことに繋がりかねませんから、具体的なタイミングについて把握しておくことが大切です。

返済に問題が起きつつあるとき

債務整理を検討し始めるべきタイミングを計るためのチェックポイントの1つとなるのが、現在の借入や返済の状況です。借入を行っているのは1社からのみであり、借入額もご自身の返済能力内に収まっているようであれば、何も問題はありません。しかし、1社からの借入の返済をするために他社からの借入を行おうとしていたり、既に行っていたりする場合には、その状況のまま放置していると多重債務でますます返済が厳しくなる恐れがあります。ですから、債務の整理の検討をスタートする必要があるでしょう。他社からの借入は考えていなかったとしても、少し返済が厳しいと感じて始めているのであれば、同様に検討をスタートするべきです。目安としては、月々の収入のうちの2割5分から3割程度が返済に回っている状態になったら、検討を始めましょう。

生活に変化の兆しが見られるとき

また、生活に変化が訪れる兆しがあったときも、検討を始めるべきタイミングとして挙げられます。具体的には、結婚や出産によって家族が増えることになった場合や、失業が決まったり減給が決まったりして収入が減ることになった場合などが考えられます。生活に変化が訪れれば、それまでのように順調に返済を続けていけなくなることも多いです。変化後の家計状況について試算をしてみて生活が苦しくなりそうであるならば、変化が訪れる前に債務の整理について考え始めるようにしてください。

早期検討開始はペナルティを軽減するのにも役立つ

ちなみに、債務整理を行うと一定期間は新規の借り入れが行いづらくなる等のペナルティを受けることになる場合があるため、なかなか整理を始める決心が付かない方もいらっしゃるかもしれません。しかし、早期に検討を始めればペナルティの軽い整理方法を選択できる可能性がアップしますので、むしろ、重いペナルティを避けたい方ほど早期に整理を始めるべきなのです。

詳細はこちらへ>>債務整理の評判