過払い金請求をする
弁護士の口コミ、評判

個人再生って何?

個人民事再生と呼ばれることも多い個人再生は、債務整理の一つで、住宅ローン以外の借り入れが対象になるという特徴があります。そのため、住宅ローンの返済が苦しくて債務整理をしたい場合には、残念ながらこの方法以外の解決策を見つけなければいけません。

個人再生の最大のメリットは、借金の残高を大幅に減らすことができるという点です。債務整理の中には、これまでの払い過ぎていた利息分を返還してもらう過払い金返還請求や、利息を見直して毎月の返済を楽にする任意整理などがありますが、個人再生では利息分の見直しはもちろん、元本そのものも減らすことができるため、結果的に借り入れ残高を大幅にダウンできることが多いようです。

例えば、現在500万円の借金があった人の場合で過払い金が発生していた場合、任意整理だと3年から5年で完済できるのを目安に利息を調整してもらいますが、個人再生の場合には元本そのものも減らすことができて完済までの期間も短く設定されるので、最終的な借金残高を見ると、任意整理をした場合には350万まで減らせる場合でも個人再生なら100万円まで減らせたということもあります。債務整理にはたくさんの解決方法がありますから、どの方法なら一番借金を減らせるのかを弁護士に相談しながら決めましょう。

個人再生の場合、住宅ローンは対象外となりますが、それ以外の借り入れは、クレジットカードや自動車ローンなども含めてすべてが個人再生の対象となってしまいます。連帯保証人をつけている奨学金などは、連帯保証人に迷惑がかかってしまうことになりますから注意しましょう。もしも整理したい借り入れを自分で選びたい場合には、任意再生の方が良いかもしれませんね。

また、個人再生では自己破産のように資産が処分されてしまうことはありませんし、職業制限などは一切ないので現在の仕事をそのまま続けることができます。ただし顧客信用データベースには事故記録が残ってしまいますから、手続き後のローンの審査には一定期間は通りにくくなってしまいます。

借金を返済方法でお悩みさよなら

借金問題で悩んでいるなら方法を知りましょう

借金で現在悩んでいるのであれば、解決する方法があります。まずは一人で悩まないことが大事です。普段と変わらない生活を取り戻すためにも、借金問題を解決することが大事です。借金は人それぞれと抱えている金額も違います。その人に合った解決策がありますから、その方法を知ることをしてください。勇気をもって弁護士に相談をすることです。債務整理という言葉をご存じでしょうか。これには3つのタイプがあり、任意整理と個人再生と自己破産があります。その人の抱えている状況により違いますので、弁護士にまずは相談をしてみましょう。

弁護士に相談の不安

弁護士に相談をするというのは、かなり抵抗がある事でしょう。もし、相談しても解決できなかったらと思うと、気が重くなります。そこで不安を軽減するために、現在はインターネットで簡単にシミュレーションが可能です。個人情報なしでできますから、検討しているまたはどうしようかと迷っているのであれば取りあえずはシミュレーションを試してみましょう。シミュレーションをすることにより、気持ちも変わって来るでしょう。

債務整理の基準とは

では、実際に債務整理を決める物としてはどのような物かです。借金返済の履歴表を見て、弁護士はそれをもとにして利息制限法に基づいて金利の引き直しなどの計算を行い、判断して行きます。住宅ローンを外して、現在の収入が3年から5年で完済できなければ自己破産、それ以内にできるのであれば、個人再生をすすめます。また、住宅ローンが無ければ任意整理が主になります。債務整理の基準も知ってくことで、どれが自分に当てはまるかもわかります。

前向きで考えることが重要

借金を抱えてしまうと、どうしても後ろ向きになりがちです。しかし、救済のために国は考えた形を取っていますから、まずは前向きに考えてください。場合によっては過払い金になっていて、お金が戻ってくるケースもあります。債務整理となると、金融ブラックになってしまいますが、その期間はせいぜい5年から7年です。

詳細はこちらへ>>債務整理の評判について