過払い金請求をする
弁護士の口コミ、評判

債務整理をすると何が困るの?

債務整理には任意整理や個人再生、自己破産などいくつかの種類があり、裁判所を通す方法もあれば通さない方法もあります。どのような種類の債務整理でも、法的に借金トラブルを解決すると、顧客信用データベースへ事故記録としてその事実が記録されることになります。顧客信用データベースというのは、金融機関が顧客にお金を貸す際にチェックするデータベースで、審査過程の一つとなっています。このデータベースに記載されている個人情報には、氏名や生年月日、住所や電話番号の他に、過去にどこからどんな借入をしていて返済状況はどうか、という金融情報が記載されています。このデータベースに事故記録が記載されるということは、金融機関にとってはその人は「お金を貸しても返してくれない人」ということになり、借入をしようと申し込みをしても審査に通ることは難しくなってしまいます。具体的にどんな借り入れが影響するのかというと、クレジットカードやカードローン、キャッシングなど無担保タイプの借り入れはもちろん、住宅ローンや自動車ローンなど有担保型の借り入れも含まれます。また、医療ローンや教育ローン等使用目的がはっきり決まっているタイプの借り入れに対しても審査に通りにくくなってしまいます。一度債務整理をするということは、その後一定期間は金融機関からの借り入れが一切できなくなると考えたほうが良いでしょう。

具体的にどのぐらいの期間、事故記録が残るかという点ですが、任意整理なら5年程度、自己破産の場合には10年となっています。また、その期間中は金融機関から借入れをすることができない以外にも、アパートの契約に連帯保証人を付けなければ入居できないなど、様々な制限がかけられてしまうことがあります。

ただし、債務整理したことで仕事を失ったり、子供の受験が失敗するということはありません。裁判所から職場に連絡が行くことはありませんし、債務整理をして官報に氏名が記載される場合でも記載されるのは本人の名前だけで、配偶者や子供の名前は一切載りません。子供の結婚などにもマイナスに影響することはないので安心してください。

一人で抱え込まずに債務整理を

借金でどうしようもない状態になったら

借金を借りる時は返済する事が出来ると思って借りる物ですが、その後の状況によっては当初の返済計画ではどうしても無理だとなってしまう事も有ります。勿論、借りたお金を返すのは当たり前なのでそのまま放置しておく事は決して得策ではありません。借り入れ期間が長くなればなるほど金利分が重くのしかかってくる為、まずは返済できないと分かった時にはすぐに対応する事が重要です。

借金問題解決法の一つは債務整理

借金問題を解決する方法の一つが債務整理です。今ある借金を減額、若しくは免除する事が出来る方法となっており、それを利用する事で借金問題から脱出する事が出来て人生のやり直しも可能となります。もう今までの様にお金の事ばかり考えている必要もありません。また、どの方法を選ぶかと言う事に関してはその人の借金の状況や、収入がどのようになっているかと言う事でも変わってきます。分かりにくい点等が出てくる場合も有るため、弁護士等に相談して進める方が良い場合も少なくありません。

違いを知っておこう

債務整理は任意整理、特定調停、個人再生、自己破産の4つを合わせたものとなっています。その人の置かれている状況等によっても選ぶべき方法が変わってきますが、それぞれ借金を免除してもらったり軽減してもらう事が出来る方法となっています。とりあえず借金問題を何とかしたいと思っている人も、自分に合っている方法を利用する為にもそれぞれの手続きの違いを理解しておきましょう。

債務整理をした後は

債務整理をした後は、借金が0の状態になったり、今までよりもはるかに楽に返済する事が出来る状態になります。ただ、正常に借金を返済する事が出来たという訳では無い為、事故情報としてブラックリストに登録されてしまうので注意が必要です。自分に関する情報がブラックリストに掲載されている間は新規借り入れやクレジットカードの発行などが出来なくなってしまう為、その点には注意しなければいけません。ただ、こうして新たな借金を作る事が出来ないという状況は換言するとお金との関わり方を見直す良い機会とも言える為、ある意味当人にとってはとてもメリットのある状態になると言えます。

詳細はこちらへ>>http://chamberfour.com

アルバイトでもお金が借りられました

プロのミュージシャンを目指していろいろと活動を行っている最中、愛用のエレキギターが故障してしまい、急遽買い換える必要が出て来てしまいました。長年使い続けていたため寿命を迎えてしまい、しかも一週間後には大事なオーディションが控えています。あまり貯金も無く、買い換えられるだけのお金も無かったため消費者金融を利用することにしました。

学校を卒業してからそれなりに経つのですが、プロを目指していたため正職員として働いておらずアルバイトで生計を立てていました。音楽活動を優先していたので収入はあるものの安定しているとはいえず、大手では断られてしまいお金を借りることが出来ませんでした。困ってインターネットで調べてみたところ、口コミで中小企業ならば審査が甘く借りられるとあり藁にも縋る思いで頼ることにしたのです。

最初は見たことも聞いたこともないところで大丈夫かと不安にも思っていましたが、審査は無事に通過出来て融資も楽器が買えるだけの金額で通りました。大手ではバイト先に在籍確認の電話をせずに書類だけで済ませてくれるようですが、中小企業にはそういった回避法は無く借金したことがバレたら嫌だなと思いましたが会社の名前を出さずに確認をしてくれたらしく特に何も言われませんでした。

無事にお金を借りることが出来、楽器を買ってオーディションに挑むことが出来ました。一次審査を通過して次が二次審査なのですが、無事に通過できればプロとしての道が開かれるので更なる努力をしなければと思っています。返済しなければならないのでバイトも頑張りつつと平行で頑張っていますが、あの時に借りて良かったと思っています。

詳細はこちらへ>>消費者金融を比較する