過払い金請求をする
弁護士の口コミ、評判

特定調停について

債務整理の一つである特定調停は、メリットよりもデメリットの方が多くなってしまうことが多いため、あまり一般的ではない解決方法です。しかし、利息制限法で決められている利息よりも高い利息で返済を行っている場合には、大幅に借入残高を減らすことができますし、簡易裁判所で調停委員を介して行うため、任意整理よりも債権者が交渉に応じてくれやすいという特徴があります。

特定調停を行うことの最大のメリットは、手続きを開始した直後に取り立てをストップできるという点です。督促の電話が自宅や職場にかかって来て、仕事を続けることも難しかったり家族や近所にも迷惑がかかっているという人にとっては、この方法は素早くそうした督促をストップできるのでおすすめです。手続き自体はそれほど難しくはないため、弁護士に依頼せずに自分で行うこともできますし、費用もあまりかかりません。しかし、確実にトラブルを解決して借金問題をクリアにしたい場合には、法律事務所に依頼する方法がおススメです。法律事務所では、特定調停を選択する際に期待出来るメリットやデメリットも含めて説明してくれますし、他にもたくさんある解決方法の中から適切なものを選ぶことができるので、あとから後悔しない借入解決ができます。

特定調停を自分自身で行う場合には、いくつか注意しなければいけない点があります。過払い金が発生している場合には、片面的債務不存在という17条決定を出してもらわないと、あとから過払い金の返還請求ができなくなってしまいます。法律事務所を通して特定調停を行う場合には、そうした心配はありませんが、自分自身で手続きする際には、ちょっとした手続きの忘れやミスで後から返ってくるはずのお金が返ってこないということにもなりかねません。また、調停委員が仲介するとはいえ、債権者と直接交渉をしなければいけないため、法律に詳しい知識などもなければ交渉では不利になってしまいます。こうした点を考えても、経験豊かな弁護士に依頼したほうが安心と言えるでしょう。

債務整理の方法とは

債務整理をする人が、急増しています

膨らみ過ぎた借金を減額、または免除して貰う為に行う法的手続きの総称を、債務整理と言います。リーマンショック以降長く続く不況の影響もあってか、経済的に苦しい状況に追い込まれてしまう方が、急増していると言われてます。給料やボーナスがカットされ、家計の赤字部分を補填するだけではなく、冠婚葬祭等で包むお金を借り入れる等、借金をするきっかけとなるものはケースバイケースです。返済し続けていくのが困難な状況に追い込まれた際は、債務整理を行いましょう。

債務整理の種類

債務整理には自己破産、任意整理、個人再生、特定調停という4つの方法があります。自己破産とは、借金を全てゼロにするという手続きで、裁判所に破産申立書というものを提出しなければなりません。債務者が支払い不能の状態だと認められた場合、免責許可を貰う事で借金を支払う義務がなくなります。任意整理では、裁判所が関与する事はありません。弁護士や司法書士といった法律の専門家が、債務者に代わって債権者(貸金業者)と返済額や返済方法について交渉するのです。

払い過ぎた利息は、利息制限法に基づき再計算を行い、その分を元本に充当する事もあります。裁判所に申し立て行い、債務を5分の1程度に免責して貰った上で長期間に亘り分割して支払っていく方法が、個人再生です。住宅や車といった、私達にとって大切な資産を手放す事無く、手続きを行える場合もあります。特定調停は、個人や法人を問わず借金の返済を続けていく事が難しい場合、返済方法等について話し合う方法です。簡易裁判所が債権者と債務者の間に入り、どのように生活や事業の建て直しを行っていくのかを話し合います。

弁護士に相談する事をお勧めします

借金問題でお悩みの場合、弁護士に相談する事をお勧めします。面倒で分かり難い各種手続きを省く事が出来るのに加え、貸金業者をはじめとした債権者と、私達が直接交渉を行う必要がありません。精神的な負担が軽減される為、穏やかな日常を取り戻す事が出来ます。

弁護士の探し方

弁護士事務所は一般的に敷居が高く、気軽に相談し難い側面があるかもしれません。最近では、債務整理に特化した弁護士事務所が急増しています。依頼者である私達の立場に立ち、親身になって相談に乗って下さいますので、お勧めです。債務整理の相談実績が豊富で、口コミでの評判が良い弁護士事務所を選ぶよう心掛けましょう。

詳細はこちらへ>>http://chamberfour.com